野田俊作ライブラリ

     ― 今こそ、伝統のアドラー心理学を ―

 みなさま、こんにちは。『野田俊作ライブラリ』を再開いたしました。まずは過去の講座の中から、今日でも聴いていただく価値のあるものを選んで掲載していきます。もう一度考えなおしていただきたい内容を含んだものを中心にいたします。

 昨今の様相を眺めておりますに、私からみれば少し偏りが激しすぎて、首を傾げたくなるようなものが見られます。そこを丁寧に修正していきながら、「伝統的なアドラー心理学」に戻っていっていただきたいものだと願っています。このライブラリを継続してお聴きいただくことで、私がアメリカでシャルマン先生方から学んだ伝統的なアドラー心理学の響きを感じとっていただけることと思います。

 mp3ファイルで1回に2巻ずつ供給させていただきます。ふたつの巻は必ずしも共通性はありません。さまざまのテーマをアドラー心理学でもって考えてみる助けになるでしょう。どうぞダウンロードの上、ゆっくりお聴きください。

                                          野田俊作

購読料: 1ヶ月   2,000円

     2ヶ月   4,000円

     3ヶ月   6,000円

更新時期: 当月分の音声を3日頃までにアップします。


6月号(予告)

1)「教師のためのアドラー心理学」 2014年7月@高知

 Ⅰ部(47分44秒) Ⅱ部(48分14秒) Ⅲ部(44分55秒) Ⅳ部(38分41秒)

高知で開催した教師のためのケースセミナーです。1本目は忘れ物の多い子どもについて、2本目は保健室登校についてのお話ですが、話題は多岐にわたっています。アドラー心理学の理論に立ち戻って考えると、驚くほど簡単に答えの出ることがお分かりいただけると思います。3本目は質疑応答、4本目は健全な学校システムについて話をしています。ライブならではのグルーヴ感をお楽しみください。

2)「大人になる」2011年3月@大阪

 講演(45分11秒)

バーナード・シャルマンなど20世紀のアドラー心理学の治療者たちは、ライフスタイルの中の「基本的誤り」を見つけだして患者を治療しようとしました。しかし21世紀になって、問題を解決するために必要なのは「誤り」を正すことではなく、ライフスタイルの「成長」だと考えるようになりました。従って少しでもライフスタイルを成長させることが、アドラー心理学の治療の目的になります。ではアドラー心理学が考える「大人になる」とはどういうことなのか、ていねいにゆっくりと説き明かします。


5月号

1)「楽しい子育て」 2011年01月@大阪

 前半 講演(47分50秒) 後半 質疑応答(41分19秒)

題名どおり、とても楽しい講演です。子どもを生み育てるのは、世界の未来のために最も大切な仕事です。一生のうちでおそらく、比べるもののないほどかけがえのない仕事だというのが野田の持論です。子育てに誇りをもって、子育てを楽しんでください。そのためにアドラー心理学では、効率的で無駄のない育児を提案しています。この講演では、子育ての秘訣、特に結末の体験について、ていねいにお話ししています。

2)「感情のコントロール」 1992年04月@大阪

 講演  前半(45分45秒) 後半(49分25秒)

28年前の講演です。声も若いです。感情のコントロールといっても、感情をなくそうということではありません。感情を制御して、感情を建設的に使おうというお話です。気分と感情の違い、ライフスタイル類型やその診断、神経症の治療、早期回想や夢などを使ったカウンセリングの方法など、意外な方向に話が広がっています。


メールあるいはFAXでお申込みください

購読料ご入金の確認をもって正式の受け付けとし、

メールでパスワードをお送りします

必ず、当社からのメールの届くアドレスをお知らせください

☆メールでお申し込みの方は(申込フォーム)をクリックあるいはadler@cside.comまで

☆FAXでお申し込みの方は(送信フォーム)をクリック(FAX番号はフォーム内に記載されています)

購読料お振り込み先: 有限会社アドラーギルド http://adler.cside.com

           ゆうちょ銀行 記号14670  番号22977681

          (他銀行からの場合 ヨンロクハチ(468)普通2297768)

           あるいは  滋賀銀行 石山支店 普通 590727

お申込みとお振り込みは、同じお名前でお願い致します